Mon.28.Jul.2008
16:45

ハリポタ最終巻


ハリー・ポッター。
とうとう終わってしまいました。
全7巻。
長い、長いと思っていたハリポタシリーズの最終巻。最終章にたどり着くまでの内容の濃さはこれまで以上で、ハラハラする場面や、なるほどそうくるのか!という展開や、ハタハタと涙をこぼすようなシーンも多々あって、読みながら「うそー!!いやーー!!!」とJ.K.ローリングさんを恨めしく思ったりもしたのですが・・・。決着がつくという意味では、意外にあっさりとした終わりだったのかな。
1巻からきちんと世界観がつながり、各巻で張り巡らされていた伏線とも思えないものまでが、うまく結びついて終わっている点は本当にすばらしいと思いました。
時間ができたら、1巻からまた読み返したいなー。


本のこと