Sat.01.May.2010
01:45

発熱、救急外来へ


30日の咳のみの症状から一転。
1日の昼過ぎに眠そうにしている娘を抱っこしたら、いつもと違う身体の熱さ。慌てて体温を計ると「38.3」の数字。なぬっ!熱が出てるーっ!!?
このままGWを迎えるわけにはいかんっと焦るものの、前日に行った小児科も土曜日ということで午後は休診。ワタワタしながら思い切って救急外来のある総合病院へ連れて行きました。救急外来は予想通り混雑していて、待っている間にもドンドン体温が上昇。目もトローンとしてくるし、何より抱っこしている身体の熱い!ただ、機嫌は悪くなく、診察室でも辺りをキョロキョロと見回す元気があったので、「喉が少し腫れているし、熱もあるけど、これだけ他への興味が持てていれば大丈夫」とのこと。
突発性湿疹かな・・とも思ったんだけど、それなら咳は出ないらしいので、違うっぽい。
診察を終え帰宅した時には、39.3度まで上がっていました。
夜になるにつれ、やはりいつも以上にぐずりだす娘。抱っこしていないと寝ないし、寝ても咳き込んですぐに起きるの繰り返しで、ほとんど眠れずに迎えた2日の朝。娘のオムツを替ようとして、全然おしっこをしていないことに気づきました。これは「脱水症状」を起こしかけてるのかっ!??
それからはもうパニックで、とにかく、水分を与えなくてはと思うのに、娘が全く受け付けず。イオン水(ウチはビーンスタークのポカリ)もイヤイヤと嫌がり、いつもなら一気飲みする勢いの野菜ジュースやフルーツジュースも、口元にストローを持って行くと手で払いのけられ・・・。水分の取れそうなもの(スイカやゼリー)を試してもダメで、普段でもほとんど飲まないミルクなんて論外って感じ。かろうじて、おっぱいだけはくわえて離さずという感じだったので、とにかくもうずっと吸わせているけれど、「どうしたらいいのー(涙)」の状態。
もう病院へ行って点滴を・・・と考え始めていた時に、フッと「あ、喉が痛いからストローが吸えないんだ」という答えが見えまして!既に棚の奥にしまってあった哺乳瓶を探し出し、それでイオン水をあげてみると、の、飲んだ〜!!
こんな簡単なことに気付かなかったなんて・・・。
自分に痛みや身体のしんどさがないから、見落としてることが多かったな・・・と反省。喉が痛いときは冷たい飲み物のほうが良いよなーと、冷やしたイオン水をあげると、さらにゴクゴクと飲んでくれました。良かった〜(涙)
水分を取れるようになったからか、夜にはたっぷり汗もかき、順調に熱も下がり始め、3日の朝には平熱に戻っていました。ホントに良かった。
初めての発熱。
パニックになり、心身ともに憔悴しきってしまいましたが、いろいろ勉強になりました。


こどものこと