Sat.16.Apr.2011
04:42

嘔吐下痢症


娘、初の点滴を経験。

昼過ぎ、娘の顔を見ると唇の色が悪い・・・。
昼ご飯もソコソコ食べたし、お散歩でも機嫌良く元気に歩いていたのになーと思いながら、少しだけ愚図る娘を抱っこしてお昼寝へ。ちょっとユラユラ歩いただけですぐに寝たので、「疲れてたのか」と思い、娘を寝かせて私は台所へ。

ゴソゴソと片付けをしていると、突然聞こえてきたゲホゲホ、ゴホッッと明らかに何かを吐いた音、そして娘の泣き声。
慌てて居間に戻ると、汚れたブランケットと、その中で咳き込みながら泣く娘。

お昼に食べたものが詰まってた?
なんて焦りながら、身体を拭いて着替えさせ、抱っこでヨシヨシ。
再び眠りについた娘を降ろして、汚れたものを洗濯をしていたら・・・また「ゲホ、ゴホッ」の音と泣き声。
結局、それから6回も吐いて(水を飲ませただけで吐いちゃう)、19時過ぎに救急外来へ。病院へ向かう車の中でも吐き、病院でも待っている間にも2回吐き・・・オロオロするしかない私でしたが、先生の「点滴しましょう」の言葉にちょっとだけ落ち着くことができました。

仕事終わりのダンナも合流してくれたので、2人で娘の点滴を見守ることに。
しかし、普段から注射が平気な娘で良かったです。「しっかり、しっかり抑えていてください」と言われた時には、泣き暴れる姿を想像し緊張したものの、娘はいつも通り「何?」とキョトンとしている間に装着完了。針が抜けないようにグルグル巻きにされた腕は痛々しかったけれど。それからじっくり1時間、点滴が進むにつれて娘はメキメキと元気と笑顔を取り戻し、病院へ着た時のグッタリ感がウソのよう。

はぁ、よかった・・・。
病院を出た時には、もう23時近くになっていました。

「嘔吐下痢症なので、明日以降、下痢が始まると思います」とのこと。
先日の集団歯科健診で、なにかもらってしまったのかしら・・・。

明日改めて小児科へー。


: 娘, こどものこと