Mon.31.Dec.2007
15:54

大晦日


12月初の更新が、大晦日とは・・・。12月の私は探さないでください。
そして、今やっと、抱えていた仕事と部屋の大掃除が終わりました。なんとか掃除ができてよかったー。これから私の実家に帰省して、お正月はノンビリと過ごす予定なのですが、年明けにこっちに戻ってきた時に、あの状態の部屋に出迎えられるのは悲しすぎたので。
あ、そうそう、M-1のサンドイッチマンとか、オダギリジョーの結婚とか、遠藤と千秋の離婚とか、話題盛りだくさんの年末でしたが、私としては、福西くんと土肥ちゃんの東京ベルディ入り決定が、なかなかうれしいニュースでした。男前2人セットというのが良いよね(笑)
とりあえず、これから急いで荷造りをしなくては。
それでは皆さん、よいお年を。


日々のこと
Fri.30.Nov.2007
04:02

発熱、点滴、回復


連休明けから妙に鼻がグズグズ。仕方がないので箱ティッシュを抱えながら仕事をしていました。で、水曜日の夕方にようやく一個仕事が片づいたので、「よーし、葛根湯でも飲んで、2時間ほど寝るかー」とベッドに潜り込んでスヤスヤ・・・のハズが。
2時間も寝ずに、ものすごい寝苦しさで目覚めました。
顔はカッカと熱いのに、体はゾクゾク寒い。頭は割れそうに痛い。ひょっとして・・・と熱を測ってみて、自分でも本当にビックリしたんですけど。
体温38.8度。
ここ数年、38度を超す熱を出すのは「扁桃腺が腫れる」時と決まっていたので、ノドの痛みもなく突然訪れたこの高熱に、なぜ!!!と一人で軽くパニック。ここ最近部屋の掃除をさぼっていたから変な菌に感染したのかも!?とか、この間行ったマッサージで変なツボを押されたのかしら!?とか、どうでもいいことをグルグル考えながらフトンにくるまってグッタリ。22時過ぎにプリンを手に帰ってきたダンナが、ほんと神様に見えました。
その後も熱は全く下がる気配もなく、38度を保ったまま朝を迎え、フラフラと病院へ。点滴を打ってもらって2時間ほど眠ったら、すっかり元通り。いやはや点滴の威力はすごいね。・・・だからって調子にのってこんな時間まで起きてちゃダメなんですけど。
この時期なのでインフルエンザの検査もしてくれました。もちろん結果は陰性。外出しない私がインフルエンザにかかっている確率なんて、ごくわずか(ダンナがインフルエンザの場合くらい)ですから。
さて、このまま来週の火曜日まで怒濤の仕事ラッシュです。
乗り切れるかなー。


日々のこと
Wed.21.Nov.2007
18:30

弾丸Mトラベル


旅行会社に勤務するお友達に、「すべて」を取り仕切ってもらって、日帰りで東京ディズニーランドへ行って来ました。
マグロづくし高松空港で待ち合わせた友達と、7時40分の便で羽田空港へ。
直前にもらった旅の行程メールには「築地でマグロを食した後TDLへ」とあり、出発前から初めての「築地行き」がかなり楽しみだったのですが、築地という場所は、実際に行ってみると想像以上によかった!
大間の本マグロ予定通り「まぐろづくし」でお腹を満たしたあと、フラフラ歩いていると、目の前に「大間の本マグロ」が!!で、でかいー!残念ながら、解体ショーはお昼からと言うことで観れませんでしたが、初めて生でみる本マグロの大きさに興奮。なんかもう、築地だけで旅の満足度95%くらいの達成感を味わいつつ、東京ディズニーランドへ。
TDL10年ぶりの東京ディズニーランドはクリスマス仕様がかわいかったのですが、とにかく、人・人・人。溢れかえる人と、ながーーい待ち時間に翻弄されながら、ホーンテッドマンションとカリブの海賊、合間にパレードをチラ見しつつ、スターツアーズを楽しんで、17時半には羽田行きのバスの中。滞在時間5時間弱にしては、かなり満喫できたと思います。飲まず食わずでしたけどね。
羽田空港で友達オススメの「舟和の芋ようかん」をゲットして、19時20分の便で高松へ。
TDLでは、1ヶ月分くらい歩きました。
そして「立っていた」時間は、3ヶ月分くらいの長さです。
次の日から全身筋肉痛で、狭い室内をヨチヨチ歩いています。
しかし、日帰り国内旅行。
ちょっとクセになりそうです。
芋ようかんは激ウマです。


日々のこと
Thu.15.Nov.2007
19:22

この言葉を胸に


読んだのは、もうだいぶ前なんですが、この頃イロイロと深く考えちゃうことがありまして、本棚から引っ張りだして再読中。この本は、以前の日記でも書いた「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」と同様、とにかくタイトルがすばらしい。
「思いわずらうことなく愉しく生きよ」
悩めるとき、落ち込んだとき、行く先が見えないとき。
時々、声に出して呟いてみます。
物語は、3姉妹が抱えるそれぞれの問題と、それと向き合う3人の、やっぱりそれぞれの生き方が描かれているのですが、私は、次女の治子に共感するところが多いかな。そんな次女・治子が文中で言う台詞。

人生は考え抜くものじゃなく、生きるものなのよ。

この台詞を、日々のグダグダの私へ。
そして、今、悩める友人にも。
共に、泳ぐのに安全でも適切でもない人生を、思いわずらうことなく愉しく生きるために。


本のこと
Thu.08.Nov.2007
06:27

秋の新ドラマ


温便座のスイッチをONにして、ようやく気づく冬の訪れ。
温便座を考えた人って、本当にすばらしいよね。

今さらながら秋ドラマ。今回は、「ガリレオ」「働きマン」「金八先生」「医龍2」と、この間始まった「SP」を観ています(正しくは録画しています)。
原作がかなり好きなので、ドラマ化も期待していた「働きマン」ですが。正直、ドラマは全然面白くなくてガッカリ。出演者も好きなのに、なんなんでしょう、見終わった後の脱力感というか、無気力感というか。あの「最後には上手く決着がつく痛快&爽快お仕事ドラマ」な感じが、原作と真逆だと思うんですが・・・。
ドラマではバッサリ切り捨てられてるセリフの数々にこそ、この漫画の良いところが詰まってる気がして、ホントに残念。
ただ、エンディングで流れる「働きマン音頭」はツボにはまったようで、気が付くと、仕事に取りかかるときに「すすめ〜働きマン〜♪」と呟いてます。
ちなみに、「医龍2」がかなり面白くて、木曜日が待ち遠しいこの頃。大音量のBGMにのせて、白衣を翻しながら廊下を歩いてくる朝田先生や、笑えるほどの悪人ぷりの野口先生などなど、あの過剰な演出がたまらんです。
手術シーンがないと、坂口憲二が発するセリフが少なすぎるのもビックリします。


日々のこと
Sat.20.Oct.2007
10:53

秋祭り


新居浜太鼓祭り充電期間・・・ということで、地元の秋祭りに合わせて実家に帰省していました。
「祭りだー!」といっても、姪っ子たちを連れて、人・人・人のかきくらべ会場へ出掛けるパワーもないので、近所で太鼓台をチラッと見た後は、のんびりテレビで鑑賞。唯一、「市政70周年統一かきくらべ」会場だった、河川敷へは行きました。対岸から眺めるだけでしたけど、住友の工場(煙突)をバックに、ズラリと太鼓台が並んだ絵が、ものすごく「新居浜」らしくて良かった。
お祭り帰省は3年ぶりだったのですが、イロイロ様変わりしてました。特に服装。「●●レディース」と呼ぶらしい各太鼓台の親衛隊?らしきギャル達にも驚いたけれど、「小学生が大人と同じ格好(法被、はちまき、足袋、ニッカ)をしている」のも新鮮でした。大人が着ている法被も、簡単に購入できるものじゃない(はず)のに、あの縮小版子供法被は一体どこで入手するのー?と思っていたら、姉が「あれは特注で作ってもらうのよ。全部揃えると2万くらいだって」と教えてくれました。たっかー。確かに、パパと同じ格好で、太鼓台の後ろを歩いている姿は、絵的になかなかイイモノなんだけど・・・でも高いよ。
しかし、ま。今年のお祭りは「喧嘩」づくしでした。初日から3日間連続で、大きな喧嘩が起きるのは珍しいんじゃないのかな。これじゃあ、せっかく平和運行で滞りなく終わった「市政70周年統一かきくらべ」の存在も、既に忘れ去られているのでは・・・?
個人的には、河川敷に響いていた小林真三(なつかしー)の無駄に熱い、新居浜らしくないアナウンスが、ツボでしたけどね。


日々のこと
Fri.05.Oct.2007
07:05

物欲と節約


賃貸に住む間は、必要最低限の家具で過ごそうと決めていたので、ウチにはほとんど家具がないんです。
が。
ものすごーく狭く、窮屈に感じるこの頃。
収納が無くて床に物が散乱しているせいね!と、早速ネットでインテリアや収納のサイトを見ては、「お、このケースかわいいー」とか「このゴミ箱おしゃれー」とか「この本棚は使い勝手が良さそー」と、ムクムク物欲を成長させ続けていた中、とあるサイトで、ふと目にとまった一文。
「新しい収納家具を買う前に、クローゼットの中にあるいらない物を捨てましょう。」
目からウロコです。
確かに、クローゼットを整理整頓して新たなスペースを作ったほうが、新しい収納家具をドンっと部屋に置くより広さも保てる・・・。さらに続けて読むと、いらない物を捨てて部屋を綺麗に保つと、ムダな物欲を抑えることができ日々の節約にもつながると書かれていました。
自分のダメダメなところに、何かが突き刺さった・・・イタイ。
根本的に間違っていたようです。
そんなわけで、アレ欲しい、コレ欲しいの物欲は相変わらずですが、ひとまず「いらない物を捨てる」作業に取りかかってみました。
仕事の合間にガザゴソ。テレビ見ながらガサゴソ・・・居間の片隅にゴミ袋6つと束ねた雑誌4束。
うち、ゴミだらけ?


日々のこと
Tue.02.Oct.2007
08:11

パトラッシュ


もう、疲れたよ・・・。
と、呟きたいのに、未だにパトラッシュが私のもとにやってきません。どこで迷子になっているのかしら。

カレンダー上では2回も3連休があった9月も、終わってみれば、ほとんど休みなく過ごしてしまった現実。目標としている「キチンと食べ、キチンと眠る」生活からドンドンかけ離れていってます。このままでは、なんとか維持してきた「仕事に対する大事な何か」までもが干からびてしまうのでは・・・!?
仕事し始めの若かりし頃なら、勢いで乗り切っていた、あんなコトやこんなコトも、今、同じようにやると大ケガしそうですもん。気力や体力の回復ペースが、明らかに遅くなってますもん。私も確実に歳をとっているのよねー。
そんなわけで、10月は思い切って1週間ほどお休みを取ることにしました。
普段から、家事一切を放棄しているので、「たまにはヨメ家業もお休みさせてもらわないと!」なんてことは、図々しくて言えませんけど、自宅にいると、たぶん普通にモニタ前で1日を過ごしてしまうので、一人で実家に帰省してダラダラ充電する予定。ちょうど、地元の秋祭りもあるので、それに合わせて帰ろうと思っています。
この休みが無事決行されるかどうかは、相変わらず「スケジュール管理ができない」私次第なんですけど・・・ね。


日々のこと
Tue.04.Sep.2007
22:52

夏の終わり


一度も泳ぎに行かないまま、夏も終わっちゃいました。
あ、それは毎年のことか。
8月の最終週は、「ここ数ヶ月で一番、尋常じゃなくハードなスケジュール」だったのですが、月曜日の幕開けともに、「夏風邪」に見舞われまして、熱で頭はカッカするわ、ノドは痛いわ、鼻水はズルズルだわ・・・。そんな状態で、1日の睡眠時間が2時間弱という過酷労働。
いっそ、倒れてしまいたい。と、何度思ったことか。
1週間ダラダラと風邪を引きずって、土・日も返上で仕事して、今日の夕方まで目一杯作業して、やっと眠れる夜が来た。
仕事漬けだった私へのご褒美か、今日は「ONE PICEC47巻」の発売日。閉店間際の本屋へ駆け込んでゲットきました。ちょろっとネタばれしますけど、正直、ゴースト島の話ってどうなのよ〜と思っていた46巻。フーン、なるほどねぇと読みすすめた47巻。
またも最後に、尾田っちの罠が。
ここで、ラブーン。
このタイミングでラブーン。
ブルックーー!!!!(号泣)
久々に、風邪とは違う鼻水を大量に垂らしました(汚いって?)


日々のこと
Tue.28.Aug.2007
15:40

夢、実現


徹平ちゃんと、玉木くんの共演。
キタ━(゚∀゚≡゚∀゚)━!!
映画「KIDS」(08年2月公開、荻島達也監督)で、初共演!!!
興奮したので、走り書きデス。


日々のこと