Tue.06.Feb.2007
09:06

昼の寝室


我が家の寝室は、日当たりが良い。
わざわざフトンをベランダに干さなくても、南向きの大きな窓からいっぱいに日が差し込むので、毎日干したてのフカフカ感が味わえるほど、日当たりが良い。
私の仕事部屋は、夏は涼しいけれど、冬は薄暗く、とにかく寒い。
暖房ナシではやってられない。冷え性の私には、温かい飲み物がなければ手がかじかんでキーボードも満足に打てないほど寒い。
むこうの部屋は、あんなにも明るく暖かいのに。
そんなささやきが聞こえるようで、ここ数週間は、日が差し込み始める朝から眠り、昼は寝室でダラダラと本を読んで過ごし、日光浴を存分に満喫して、そのありがたみが薄れる16時頃に、やっと仕事部屋に移動する日々です。
だって、むこうの部屋は、あんなにも明るく暖かいのですもの。
以上、昼間に仕事していない言い訳です。
ぞくぞくと支払い調書が届きました。
そろそろ確定申告の書類をまとめなくては。


日々のこと