Sun.27.Mar.2011
00:15

遠くても、できることから


3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震。
あまりの被害に大きなショックを受け、地震があった日は一睡もできずに朝を迎えました。
その後も、ニュースを見てはボロボロと涙がこぼれる毎日で、そのうちにテレビをつける事も辛くなり、自分のしていること全てが不謹慎なのではと思え、普通に暮らしていることが心苦しくて、申し訳なくて・・・。
自分のいる、あまりにも「いつも通り」すぎる状況を思うと、日記に地震のことを書くは躊躇われたのですが、書く事で、自分の気持ちにも区切りを。
つらい、哀しい、何もしてあげられない・・・と、遠くから嘆いているばかりでは、何も変わらない。被災地の方々が、復興に向けて動き始めているのなら、元気な西日本からは、どんどんその気持ちを支援していかないとね。
遠くても、できること。
今の私にすぐできることは、やはり「寄付」くらいなので、微々たる額だけれど、日本赤十字社へ振込をしました。少しでも何かの役にたってくれると信じて。
1人でも多くの無事と、1日でも早い復興を願っています。
—-
地震、津波の被害だけでなく、原発問題も加わって、混乱した日々が続きそうです。
その混乱、広がる不安に巻き込まれて自分を見失ってしまわぬ様、今はキチンと立って、生活し仕事もし、娘をしっかり育てていかなくては。
書き貯めていて、更新していなかったブログの記事も、また少しずつ更新していきます。


日々のこと