Wed.31.Jan.2007
00:03

内視鏡検査


昨年末に受けた人間ドック。年明けに検査結果が届いたのですが・・・指示事項欄に「便潜血反応陽性。大腸癌かポリープが疑われますので、内視鏡(大腸ファイバー)を受けてください」の文字。
えええ、ポリープ!?大腸癌!!??
かなりビビッて、速効、病院へ検査予約を入れに行きました。が、先生は「検査はかなりツライよ?ホントに受ける?年齢的に(病気の)心配はないと思うけど・・。若い人はあまり受けないんだけどねぇ」とあまり積極的でないご様子。とは言っても、検査せずに、ずっとモヤモヤと不安を抱えるのもイヤなので、予約を入れて帰宅。
で、29日が検査当日だったわけですが。
甘く見ていました・・・「内視鏡(大腸ファイバー)検査」。
検査スケジュールに、「前日夜に下剤、当日朝に2Lの腸洗浄液を飲んだ後、内視鏡検査(30分程度)」とあったのですが。
まず、この当日朝の腸洗浄液2Lが、不味くて飲めない!!!何がポカリスウェットのような味だーー(涙)。ひとくち飲む毎に、「ウエッ」と吐きそうになるのを我慢しつつ、2時間かけて1Lちょいを飲みギブアップ。トイレには7回近く駆け込んでいたので、看護婦さんに泣きついて、許してもらいました。
で、14時過ぎに、いざカメラ挿入へー。
ここからがホントの地獄でした。内視鏡検査が、こんなにも痛いものだったなんて・・・。お腹の中から、何かが突き刺さってくるような、お腹が張り裂けてしまうような痛み。はっきり言って、このまま気を失ってしまいたい・・・と思うほど痛かった。実際、「痛い、痛い、いたいーーーーーーーっ!!!!!!」と半泣き状態でのたうち回り、「動くと危ない」からと、看護婦さん2人に押さえつけられ、おしりからカメラ入れたまま約1時間半。
16時前に、ようやく検査が終わり、衰弱しきった状態で聞いた検査結果は、「特に異常なし」。なにぃー。よ、よかった・・んだけど、なんかちょっと複雑!?
今日は、3日ぶりのコーヒーを味わいつつ、お尻の痛みと全身筋肉痛(力み過ぎ?)と戦っております。腸洗浄をしてお腹もスッキリなので、コレを機会に、体内正常化をビシビシ進めたいと思います。
みなさんも、お体を大切に。


日々のこと